mono-hatake’s diary

NEWSに出逢えてよかった

2010年のNEWSの出演歌番組

3.2  ミュージックステーション

        さくらガール

4.2   ミュージックステーション

        さくらガール

         weeeek

10.15  ミュージックステーション

             Fighting Man

10.29  ミュージックステーション

             Fighting Man

11.1   HEY! HEY! HEY!

            Fighting Man

12.15 ベストアーティスト

           希望~Yell

           Fighting Man

12.24 ミュージックステーション スーパーライブ 

           Fighting Man

12.31 ジャニーズカウントダウン

            NEWSニッポン

 

参考:NEWSの主な活動

3.31 シングル「さくらガール」発売

9.15 アルバム「LIVE」発売

9.18~28 ライブツアー「LIVE! LIVE! LIVE!」

                 2都市7公演

11.3 シングル「Fighting Man」発売

12.22 ライブDVD「LIVE! LIVE! LIVE!」発売

 

感想

 この年のリリースの曲、好きな曲が多いのよね。アルバム「LIVE」には、私のような新しいファンにも馴染みのある「エンドレス・サマー」や「BE FUNKY!」「D.T.F」が入っている。「LIVE」はEPCOTIAで歌われましたね。生で見たとき(あ、この曲知ってる)と思いながら、タイトルが思い出せなかった私です(^_^;)

 これだけの曲が有りながら、ライブがドームのみだったのは悔しかっただろうな。「美しい恋にするよ」の中で手越さんも全国ツアーしたかったって内容を言っていたし。

 あと調べて一番驚いたことは9月に行われたこのライブのDVDがたった3ヶ月後の12月に発売されたこと。今のNEWSなら1年弱かけて作るのに。これ以前の作品も念のため調べてみたけれど、やはり半年くらいはかかっている。これが発売された当時は「早くリリースしてくれてありがとう」という感じだったのだろうか。今この結果を見ると無理やり年内に発売したように感じる。

 普通に考えるとこれはレコード会社を移籍するときのやり方なんだよね。そんな話も進んでいたんだろうか。わからないけれど不穏な印象はうける。一回、私たちの見えないところでNEWSは本当に終わっていたのかもしれない。あらためてNEWSを続けてくれてありがとうって4人と、守ってくれたスタッフと、支えてくれたファンにお礼を言いたい。


f:id:mono-hatake:20190503071211j:image

さくらガールのシゲちゃん。この時代には珍しく表情やわらかめ。

平成最後の日に徒然なるままに…くだらないことを書く

 お友だちが平成最後の日に素敵なブログを書いていたので、私も書こうかなと思いました。でも私の場合、多分くだらない感じになりそうだけど😅

 

 平成と聞いて、ジャニーズファン的には「Hey! Sey! JUMP」を思いだす人が圧倒的に多いと思うんですけど、私はこちらです(^_^;)


f:id:mono-hatake:20190430073700j:image

 光GENJIの3枚目のアルバム「Hey! Sey!」私はカセットテープで持ってます。ここは昭和感溢れてるなー。

 大江千里さんの「出逢い」やASKAさんの「いつか きっと…」は名曲です。

 

 これが発売された1989年(平成元年)2月20日。NEWSくんの年齢は小山さん4才、増田さん2才、テゴシゲちゃんは1才だ。うわーっ。

 

 私はもう働いていました(  ̄▽ ̄)

 

 ポニーキャニオンの商品をレコード店に出荷する仕事の手伝いでした。倉庫内の作業です。

 当時は、田原俊彦さん、工藤静香さん、THE ALFEECHAGEASKAとか、いたなあ。

 光GENJIの売れ方は飛び抜けて凄かった。「パラダイス銀河」の発売時に追い付かないので休日出勤になったの。新譜班、旧譜班(私は旧譜班でした)、ビデオ班(当時はDVDなんてコンパクトなものは無いからねー)全員出勤。一日中ひたすら「パラダイス銀河」のみの注文伝票(しかも前日に受け付けたもの)と格闘して、でも結局終わらなかったな、確か。

 

 だからパラダイス銀河のレコード番号は未だに覚えてる。7A825。ちなみにガラスの10代は7A800、STAR LIGHTは7A759です。持っている人いたら見てみて(* ̄∇ ̄)ノ

 

 頭の数字の7は700円という意味ですね。シングルレコードの当時の価格です。

 

 もう少ししたらシングルCD(あの細長いやつ、8㎝CDと言われてます)がでます。

 

 田原俊彦さんの「抱きしめてTONIGHT」の番号はS10A22。シングルCDは1000円だったんですね。

 余談ですが、トシちゃんのレコードの番号は1の位が3で揃えられてます。全部かどうかは知らないけどww 仕事中に確認したのはみんなそうでした。この抱きしめてTONIGHTだけ、3じゃないの。まだ新しいコンテンツのシングルCDだから合わせられなかったのかな? 

 

 今では当たり前になった初回盤、通常盤というリリースの方法。この頃から始まっていたんですね。

 

 先ほど写真であげた「Hey! Sey!」は初回盤。覚えていなかったけど😅 服の色が違うらしい。初回の特典は封入のカレンダーだそうで。ずっと内海くん飾ってた覚えがあるから、それだったのかな…。

 

 昔の複数枚売りは、ジャケット違いとかが多かった気がします。少年隊でもあった。並び方が違うもの。

 

 だから余裕がある人は全部買うし、ない人は選んで買う、みたいな感じでしたね。

 

 カップリング違いで複数枚買いを初めてしたのは男闘呼組のデビュー曲「DAYBREAK」

 

 

 

デイブレーク[EPレコード 7inch]

デイブレーク[EPレコード 7inch]

 

 

 4人だからかな。4種類出たのよ。何故か3枚だけ買った。予算ギリギリだったんだろうなー。

 

 平成の初めはそんな感じで楽しんでいました。今と違い3~4ヶ月ごとにシングルが出て歌番組もいっぱいあって楽しかったので満足してました。ファンクラブに入らなくても、ライブに行かなくても。好きなアーティストはジャニーズの他にちゃんといて、ジャニーズはテレビで楽しむもの、という感覚でした。

 

 平成の中頃になってSMAPが活躍しはじめた頃は子育てでいっぱいいっぱいでした。

 

 音楽とかそういうのはすっかり遠ざかってしまいました。

 

 それがねえ、今はすっかりNEWSに夢中ですわ。

 私がファンになったのは、24時間テレビがきっかけでした。


f:id:mono-hatake:20190430122831j:image

 えぐられるくらいの感覚。私にとってはこれくらい揺さぶられないと、応援しようという気にはならなかったと思う。

 

 もうなのか、まだなのか。

 あれから、3年近くになります。

 NEWSはずっと大切な存在。知る度に好きになる。

 言葉で、追い付かないなあ。

 令和への宿題だな。

 NEWSの好きなところ、NEWSがくれる幸せ、これからもいっぱいいっぱい書いていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

2009年のNEWSの出演歌番組

4.24 ミュージックステーション

        恋のABO

4.27 HEY! HEY! HEY!

       恋のABO

5.1   ミュージックステーション

       恋のABO

8.30 24時間テレビ

       恋のABO

        weeeek

12.15 ベストアーティスト

         恋のABO

12.25 Mステーションスーパーライブ 

         恋のABO

12.31 ジャニーズカウントダウン

           NEWSニッポン

            weeeek

 

参考:NEWSの主な活動

 4.29 シングル「恋のABO」発売

8.29-30 24時間テレビメインパーソナリティー

11.4  ライブDVD「DIAMOND」発売

11.12 小山、加藤、増田、手越のレギュラー「走魂」放送スタート

 

 感想

 シングル1枚しかリリースしていなかったんですね。調べるまで気付きもしませんでした。ユニットやソロ活動が活発になっていった頃ですね。Mステに2週連続で出てますね。今では同じ曲で2回は出られないかな。10年前かあ…。


f:id:mono-hatake:20190429122303j:image

10年前のテゴシゲかわいい。今もかわいい。

 

 

NEWSの歌番組歌唱歴を調べてみました

 前回のブログでも書いた通り、街角で流れてた「恋のABO」のボーカルがNEWSかどうかわからなかった情けない私です。あゝ、恥ずかしい。

 今考えれば、CD発売は10年前、メンバーも2人多い当時の音源と、現在の歌声がやはり違うのだろうと思います。 

 

  NEVERLANDまでセトリに入っていたこと、ハロウィン音楽祭などテレビでもたまに歌われていることなどを理由にそう思いました。

 

 でも、だとしたらそれを証明したい。なんとなく、で片付けたくなかったのです。

 数学のような証明はできませんが、これだけ長いことずっと歌ってきたらいつの間にかの変化には気がつかなくても仕方ない、と思えるだけの証拠を集めてみたくなりました。

 

 最初はライブのセトリから読み解こうと思いました。10周年のライブまでは全部のシングル曲を歌っています。過去シングル曲はWhiteで減って、QUARTETTEで増え、NEVERLANDでまた減りました。そんな中、ずっとセトリに残っていた4曲のうちの1曲が恋のABOでした。

 

 でもライブも大事だけど、テレビも大事だな。テレビでどれくらい歌っているのか、調べてみよう。

 

 2016年にファンになったので、それ以前のテレビ出演の数を調べるのは楽しくもありましたが、100%は無理でした。動画で見たことあるのに番組名が追跡できなかったりしました。

 

 ですからこれから書く調査結果の内容は、全く完璧ではありません。2016年以前のものは現在確認できた数です。でもなんとなくの傾向くらいは読めると思います。

 

 細かい番組名、日付などのデータはまた後日UPしたいと思います。とりあえず、数と曲名だけ。(本当は資料として添付したいけど、仕方がわからない😵) あと、少プレを入れると大変な数になるので、地上波のみに致しました。

 

 

2009年  出演数7回  恋のABO 6回

                                 weeeek 2回

                                 NEWSニッポン 1回

2010年  出演数8回 さくらガール  2回

                                   weeeek 2回

                                  Fighting Man 5回

                                 NEWSニッポン 1回

                                 希望~Yell 1回

2011年  出演数 1回  希望~Yell 1回

                                     weeeek 1回

2012年  出演数 4回 チャンカパーナ 3回

                                    恋のABO 1回

                                   WORLD QUEST 2回

2013年 出演数5回 WORLD QUEST 1回

                                  渚のお姉サマー 2回

                                  SEVEN COLORS 1回

                                 希望~Yell 1回

                                  チャンカパーナ 1回

2014年 出演数8回 ONE-for the win 7回

                                  チャンカパーナ 3回

                                  weeeek 2回

                                  希望~Yell 1回

                                  恋祭り 1回

2015年 出演数16回  weeeek 3回

                                    ONE-for the win 1回

                                   KAGUYA 4回

                                   恋のABO 1回

                                   希望~Yell 2回

                                    MR WHITE 3回

                                   チュムチュム 4回

                                   チャンカパーナ 3回

                                  ANTHEM 1回

                                  愛言葉 1回

                                  四銃士 1回

                                 ヒカリノシズク 1回

2016年 出演数18回 TOUCH 1回

                                     ヒカリノシズク 2回

                                      weeeek 5回

                                    希望~Yell 3回

                                    チャンカパーナ 3回

                                     フルスイング 3回

                                     NYARO 1回

                                      恋を知らない君へ 10回

                                     ONE- for the win 1回

                                     BYAKUYA 1回

                                     ANTHEM 1回

2017年 出演数20回  EMMA 7回

                                      weeeek  4回

                                    さくらガール 1回

                                     恋を知らない君へ 1回

                                     渚のお姉サマー 1回

                                      エンドレスサマー 1回

                                     希望~Yell 1回

                                      U R not alone 3回

                                     あやめ(加藤ソロ) 1回

                                      チャンカパーナ 2回

                                      恋のABO 1回

                                      KINGDOM 1回

                                       NEWSICAL 2回

                                       LPS  2回

                                        チェリッシュ 1回

                                         NEWSニッポン 1回  

2018年 出演数23回  LPS 4回

                                      チャンカパーナ 5回

                                      weeeek 2回

                                      恋を知らない君へ 2回

                                      JUMP AROUND 1回

                                      BLUE 4回

                                      「生きろ」12回

                                       フルスイング 1回

                                      紅く燃ゆる太陽 1回

                                     希望~Yell 1回

                                      TOUCH 1回

                                       NEWSニッポン 1回

2019年 出演数(4月現在)2回 「生きろ」2回

                                              U R not alone 1回

 

2014年、2015年の出演番組がわかったので追加しました。(2019.4.29記)

 

 

このような結果になりました。

 恋のABOは合計9回で全体の順位では6位タイでした。シングル20枚以上出ている中で6位は上の方ですよね。4人になる前の曲の中では、weeeek、希望~Yellに次いで3位です。ライブでは同じようにNEVERLANDまでセトリにあった、さくらガールはテレビで歌うには季節やシチュエーションを選びますが、恋のABOはいつでもOKです。weeeekやチャンカパーナも同じですね。

 

 こうやって並べてみると、歌い続けている歌って古くならないですね。それから「紅く燃ゆる太陽」などは少プレで新しい命を吹き込まれたような感覚があります。

 

 NEWSの歌って生きているんだよ。だからNEWSに歌の仕事をください。ライブだけだと追いかけられないので、テレビでの歌の仕事もください。いっぱい見たいし聴きたいです。


f:id:mono-hatake:20190416211758j:image



 

 

 

                                       

 

 

 

街角で流れてた「恋のABO」

 一週間くらい前かなー。仕事してる二軒隣のビル一階の居酒屋さんで「恋のABO」が流れていたんですよ。耳がダンボになりますよねー。でもね、ちょっと自信なくてね。このボーカルはNEWSかどうかが。場所は居酒屋街であちこちの店から音楽が流れてにぎやかなところだし、音割れもしている。声をきちんと聞ける環境でもない。あと、よくカバーアルバムとかもかかっていたりするのでね。しばしどっちだ?と思って聞き耳をたてていました。で、手越さんのソロ(ゆーれる影 のところ)に来て「よかったあ、この声は手越さん以外にない。ってことはNEWSだ!」となりました\(^_^)/

 いやでも、NEWSの声がわからなかったなんて。ちゃんと音楽が聞ける環境でなかったとしても、情けないし恥ずかしい。ごめんなさい┏(>_<)┓

 まあ、でもよくよく考えたらCDの音源は6人だし、もう10年近く前になるんだよなあ。ABOはよく歌っているけど、representされていないものね。前回のEPCOTIAではセトリに入っていなかったけど、NEVERLANDまではずっとセトリに入っていたし、2017年のハロウィン音楽祭ではテレビでも歌っている。ずっとずっと4人の「恋のABO」を普通に聞き続けたから、その歌声が私の基本になっていたんだろうなぁ。

 ってことをTwitterで書こうと思ったんだけど、上手く省略できなかったので、ブログにしましたf(^_^)

 でもここから色々考えたので、それはまた別にブログに書きたいなと思っています。

 主にライブのセトリにおける旧譜シングル曲の割合とか、シングル、アルバム、ツアーの3つが全て揃って出来ているのが2015年からだとか。(2016年にファンになった私からすると、え⁉そんな最近のことだったの!と驚く)

 まあ、いつ書き終わるかはわかりませんが、ぼちぼち調べています。休日NEWS三昧、楽しい😆💕✨

 

恋のABO【通常盤】

恋のABO【通常盤】

 

 

 

NEWSICALの主役はなぜ小山さんだったのか?

 WORLDISTAツアー開幕おめでとうございます🎉✨😆✨🎊 

 そして、成功の遺伝史を皮切りに、小山さんの出演番組が続きます。おめでとう🎊 嬉しいよ。

 見るまでは不安もありました。慶ちゃんが、スタッフさんや出演者の皆さんから愛されているのは知っている。それは間違いない。でも忖度で出演シーンが少ないかも、発言が少ないかも、と思っていたんです。全くの杞憂でした。慶ちゃんは求められている人で、ちゃんと期待に応える人でした。

 

 

 表題のなぜ小山さん主役の指定がされたのか、は放送から1年以上経って、いろんなことがあった中で考えてしまう。当時より今の方が考えてる。

 答えはこの仕事をオファーしたフジテレビのスタッフさんの中にあるので、考えたところで答えが解る訳ではない。ある日急に答えが明かされる可能性もあるけど、わからないままの確率の方が高いと思う。でもいろいろ考えてしまうのよね。

 

 2017年8月にこの企画がNEWSに伝えられた。当然それ以前にこの企画がたてられたので2016年の年末あたりからNEWSの動向やメンバーとフジテレビの関わりなどを振り返りたい。

 

2015年~ 不定期放送 タイプライターズ 加藤シゲアキ出演(又吉直樹さんとMC)

現在は季刊放送、BSフジでも放送開始

2016年10月~

当時キャラパレ、現在ネタパレ、増田貴久レギュラー出演

12月

FNS歌謡祭第1夜出演

前年は第2夜出演。出演シーンはweeeekと恋を知らない君への歌唱のみでコラボ等はなし。(翌日のめざましテレビ氣志團とコラボしたいって言ってた。実現待ってる)

2017年1月

ドラマ 嫌われる勇気 加藤シゲアキ 準主役で出演

オープニングテーマはNEWSのEMMA

2月

EMMA シングル発売

ミュージックフェア出演

スキマスイッチLITTLE GLEE MONSTERとコラボあり

3月 特番 おたすけJAPAN 小山慶一郎出演(中丸雄一とMC) 番宣でVS嵐、当日朝の生番組出演

スカッとジャパン 手越祐也VTR再現ドラマ出演

 

 一応、メンバー全員フジテレビと関わりがありました。

 

NEWS本体の動きとしてはアルバム「NEVERLAND」発売(3月)  ツアー(4月~6月)

 

……多分、これくらいですよね⁉

 

 

夏に歌番組の特番が各局ありますが、フジのFNS歌の夏祭りは、ジャニーズからはアニバーサリーイヤーのタッキー&翼、Hey!Say!JUMP、ABC-Zの3組が出演で、NEWSは出演していません。

 

 何で突然FNS歌謡祭で大型企画がNEWSに与えられたんだろう、そもそも。

 15周年、アニバーサリーイヤーの直前というのが、一番大きな理由だとは思う。でも、例えば3曲位のメドレーでも充分ファンは喜ぶ。何故時間が掛かるこんな企画をたてたのか。

 

 FNS歌謡祭は長時間の音楽番組でしかも2週に渡るため、おそらく見せ方に変化を出したいのだろう。コラボの多用など、昔から目玉にしてきた。昨年はミュージカルをテレビで魅せることにこだわりを感じた。

 

 企画が先で、NEWSがそれに選ばれたか。NEWSの企画として、この案が出されたか。これは普通に後者だと思う。その仮定で進める。

 

ファンだから贔屓はあると思う。でもジャニーズのグループの中でここまで多方面に広がって多才なグループは無いと思ってる。

 

 この時点では、小山さんは帯のニュースのキャスターだった。今は降板したけれど、評価は高かった。加藤さんは作家としてすでに4冊(当時)の本を出版し、文芸誌にエッセイを連載中。芸能人が本を書いてみました、というレベルではない。手越さんは視聴率No1のバラエティー、イッテQで大活躍、サッカーのキャスターもずっと務めている。そして歌の上手さにも定評がある。増田さんは長くNEWSの衣装を手掛け個性的な魅力を発揮していた。

 

 さて、ミュージカルとは?

 私詳しくないんですけど、歌、踊り、芝居がひとつになったもの…でだいたい合ってますか?

 ジャニーズのグループはどこも、これは出来るだろう。

 

 NEWSの、NEWSだけの特色があるとしたら…。それこそ贔屓かもしれないが、作家がいることだと思う。作られたものではなく、作ることが出来る、という期待が持てる。それは衣装にも言える。オリジナリティー溢れる新しいものを、みたいな狙いがあったのだろうか。作る過程もまた見せ場になる。

 ライブでも製作に関わっている二人だからこのあたりはおそらく鉄板だ。

 新しい歌への挑戦を任された手越さん。今でもすごく上手いのに更に挑戦?と驚いたけれど、結果多重録音という武器を手に入れた。

 作家の加藤さんが作り、衣装担当の増田さんがデザイン、歌の上手い手越さんが多重録音、とそれぞれ得意分野の仕事を担った。この流れでいけば、小山さんは加藤さんの言葉を借りれば司会でもよかった筈である。4分半という長さのミュージカルで主役って必ずしも必要ではないと思う。例えば、カイ、コタ、ボンセンでは主役はいないでしょ。いた方が表現の幅は広がるけど。

 

 発表の順番的に、“他に出来ることがないからあなたが主役です” みたいな感じになった(増田さんに大落ちじゃん、と言われてた)けど、違うよね。小山さんを主役にしたい意味がなければ、そうはしないよね。このとき、「やべえ、俄然やる気出てきた」と言った加藤さん。面白い感じの一言みたいになったけど、ここも狙いだったのでは。小山さんのこと大好きな加藤さんのモチベーションを上げる効果。あと普段は端になりがちな小山さんを真ん中にすることで生まれる効果も、作家として使えると瞬時に思ったのでは。やはり歌のときは手越さんが真ん中だから、それとは違うNEWSの姿を見せられると。

 

 あと私が思うのは、小山さんのスタイルの良さ。あの手足の長さでしなやかに歌い踊れば、そりゃあ目をひく。

 

 2017年秋、小山さんは、テレビ朝日のドラマ「重要参考人探偵」に出演していた。帯のキャスター、NEWSの一員としての仕事と平行して。

 

 フジテレビも小山さんと仕事したかったんじゃないかな。実際、中丸くんとの冠番組“おたすけJAPAN”がある。キャスターの印象が強い(それはとても凄いこと)けれど、他にもこの人はいろいろ出来ると。

 

 NEWSでもしも冠番組を持てたら、MCは絶対小山さんだろう。その実力は絶対ある。その先を見据えたのでは。メンバーを引き立てるだけではなく、自分が前に出ることでもNEWSを輝かせられるように。

 

 結果、小山さんのメイキングは歌の苦手克服がメインになったけれど。

 

 

 

 去年の6月のことは、もちろん無い方がよかった。けれど以前の少プレでの国分さんの言葉。「ケガは無い方がいいけど、それで耐性を作っていく」(言葉通りではないです、だいたいの意味です)。NEWSってすごいよね。何度でもたちあがってくれる。銀髪の小山さんが見られるなんて想像もしたことなかったからね。新しい小山さん、新しいNEWSが見られる期待がいっぱいだよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“想像することがみちしるべ”というワードで思い出した本があります

 NEWS WORLDISTAツアー、始まりましたね!

ネタバレを踏みたくないため、あんまりTwitterを読んでいません。で、関係あるような無いようなテーマで書きます。

 

 

 

このよで いちばん はやいのは (かがくのとも絵本)

このよで いちばん はやいのは (かがくのとも絵本)

 

 この本知っている人いるかなぁ。下の子がまだ幼稚園児の頃、かがくのともで発行されたものです。2006年4月号。13年も前なのね。

 

 表紙はウサギとカメですね。

 まず、ウサギとカメで「速い」の定義を子どもにわかりやすく伝えます。

 そして動物のなかで速いものを探していきます。

 でもどんな動物よりも速いものがある。人間が作りだした乗り物です。

 それより速いもの…それは自然。

 音速、地球の自転、公転、光速。

 光の速さよりも速いものはないと考えられている、だが光よりもっと速いものがある。

 その続きは…。なんとなく想像つくかなぁ。

 

 ラスト2ページが美しい日本語なので、これ以上は書きません。よければ、図書館などで手に取ってもらえれば。

 

 絵を描いているのは、あべ弘士さん。以前、旭山動物園で飼育係をされていたそうで、動物を描いた絵本が多いです。暖かみのあるタッチですよね。「あらしのよるに」シリーズが有名かな。

 

 翻訳は天野祐吉さん。雑誌「広告批評」の主宰者だったそうです。よく知らない😅 難しそうな本を書いていたのかなぁ。本当に知らない。でも子どもの本もいろいろ手がけていたようです。この本の他に「ひゃくにんのおとうさん」(福音館書店)という中国の昔話の絵本の文章も書いています。昔話だから、同じストーリーの本も出版されていますが、私は圧倒的に天野祐吉さんの文章が好きです。好き過ぎて丸覚えしました。「おはなしのろうそく」といって、昔話などを本を使わずに語る活動があるのですが、真似っこでこの本を語ったことがあります。

 

 今日、本棚から取り出して、思い出しました。「このよでいちばんはやいのは」これ、上の子が6年生のとき、クラスの読み聞かせで最後に読んだ本でした。11年前の今頃。本当に素敵なメッセージの本なので、卒業していく子どもたちに伝わってほしい。覚えていなくてもどこかで、鍵のように、必要なときにこのメッセージが開けられて届いたらいいな。そんな思いがあってこの本を最後の読み聞かせに選びました。

 

 すっごく話それてしまった😵💧

 

 シゲちゃんがクラウドで書いてるライナーノーツで、プロデューサーさんからのメッセージがありましたね。あのメッセージに重なる気がしているんです。この絵本。