mono-hatake’s diary

NEWSに出逢えてよかった

新しいNEWSを手にする前に、願望と妄想

 手越さんのBIRTHDAYからの一週間、嬉しいニュースが続いて、ありがたいなと思っております。

 

 凄いよね。

 

11日 手越祐也さん 30歳のbirthday

12日 NHK world SONGS OF TOKYO 出演発表

13日 手越祐也さん CWCキャスター就任

         テーマソング NEWS 「KINGDOM」 決定

17日 「チュベローズで待ってる」

              12月12日発売 予約開始

17日    少年倶楽部プレミアム

             新曲「JUMP AROUND」初披露

 

 他に、KEIICHIROで、何かの撮影の話がありました。シゲちゃんと流れ星を見つけたエピソード付きの。

 

 いやー、もう忘れてること無いよね。咀嚼しきれていないです。

 原因のひとつは、“発売日未定”のひとこと。嬉しいんだけど、飛び上がって喜ぶのはもう少し待ってね、と言われてる感じ。

 

 手越さんのbirthdayからの一週間でもあり、「グリーンマイル」千秋楽から10日でもある。

 

 まだ10日なのに、もっと時間が経ってしまったよう。

  

 新しいところへ動き出しているんだなぁ。

 

 

 

 いろんなことが、はっきりと判る前に。

 

 しょうもない願望と妄想を。

 

 今回の新曲は違うと思うけれど。いつか地上波で見たいんだ。

 テゴシゲセンターの曲。

 テゴマスが中で、外側にコヤシゲの方が、安定してるとは思うけれど。

 最近のプレミアムショーでは、多いよね。

 去年の7月のWonder、12月のシリウス、今年6月のミステリア、10月のBLACK FIRE、11月は、新しいアレンジのWonder。

 音楽に詳しい訳ではないです。だから個人的な感想ですけれど、パワーを感じるのです。グイグイくる感じ、もっと聞きたいし、もっと見たい。

 今までにない、NEWSの新しい一面になる。

 ビジュアル的にも、インパクトあるし。(美しい…。)

 
f:id:mono-hatake:20171118213547j:image

バラエティーでは、とにかくかわいい。

 

 

 ↑

 こちらは、ありそうですが、次は無さそうな妄想、書いちゃいます。

 

 役者、加藤シゲアキに、いつか演じてほしいのが、文豪の役か、文芸作品の主役。更に言うと、しょうもない人間味溢れるクズ(←言い方…)の役。器用に生きれない役。

 具体的な作品は特になく、何となくいつか見たいなぁ、くらいの感じでした。

 ま、現実は、素人の私なんぞには、考えが及ばない役がくるけどねー。かわいい刑事とか、実在の天才作曲家とか、アメリカの刑務所の主任とか。

 

 先々週のビビットで、ロープウェイからの紅葉の中継があったじゃないですか。あれを見たら、昔読んだ小説の景色がパーっと広がりまして。宮本輝さんの「錦繍」という作品。別れてしまった夫婦が、偶然紅葉の季節のロープウェイで再会したところからスタートします。この小説は、その二人の往復書簡の形式で書かれています。ひとことで言えば、絶望からの再生の物語。こういうの、見たいなー。

 

 こんな、くだらないこと書いているうちに、クラウドが更新されてた!

 

 「チュベローズで待ってる」いよいよ、発売だ。12月12日。2017年の春がきたー!