mono-hatake’s diary

NEWSに出逢えてよかった

一年前の9月1日の話

 24時間テレビのことやら、いのちのうたのことやら、何なら、音楽の日、THEMUSICDAYについても、書きたいと思っているけれど、上手く表現できませぬ。

 

 ちょっと、箸休めに、一年前の話を書きます。

 

 突然、NEWSに、心を、持っていかれた夏でした。

 

 感動した、という言葉では足りないくらい、揺さぶられた感じでした。

 

 この気持ちを嘘にしたくない。ので、意を決して、CDショップに行きました。

 

 去年の24時間テレビといえば、そうです。あれですよ。

 「フルスイング」

 この曲が欲しくて、行ったのです。

 

 ジャニーズのコーナーの、NEWSのブロックを一枚ずつ、確認する…。

 

 無い。

チャンカパーナ」無い。

 「NEWS」も無い。

 つまり、「フルスイング」が無い。

 

 え…、どうしよ…。まさか無いとは…。

 

 軽い気持ちで行ってないから、動揺する。

とは言え、選択肢は二つ。今日はあきらめて帰るか、別のCDを買うか。

 

 もう一回見ると、派手に棚から飛び出した規格外のCDがある。何だこりゃ。とりあえず、手にとる。

 

 「恋を知らない君へ」

 初回スペシャルパッケージでした。

 

 Music clipが入った初回盤、4曲入りの通常盤、Music clipのメイキングに、24Pのブックレット入りで、2400円。うん。お得だな。

 

 それと、限定盤の響きに弱い。次に来た時には、これはおそらく無い。

 

 本当は、「フルスイング」が欲しかったけど、「恋を知らない君へ」も好き。よし、今日は、これ買おう。 

 

 テレビやラジオじゃない、自分で手に入れた音源。以外とね、手に入った途端、醒めちゃう場合もある。もちろん、NEWSは、そんなことなくて、より好きになってしまいました。

 

 

 Music Clipの美しいこと。

 衣類で作った海がライティングされて、とても綺麗。

  高校生カップルがかわいくて、「時をかける少女」のエンディングテーマだったな、と思いだす。

 

 メイキングでは、コヤテゴの仲の良さに驚いた。

 加藤さんは、監督さんと話すシーンが多くて、やっぱりものを創る人なんだなぁ、って思った。

 まっすーは、大人だった。

 手越さんは、早く歌番組で歌いたいと言っていた。ジャニーズでこういう歌が歌えるグループはなかなかいないって。歌へのこだわりを感じた。

 そして、小山さんのキャスターという仕事は、とても時間をさく忙しいものなんだ、と知った。

 

 

 どのCDを最初に買っても、絶対NEWSファンになっていたとは思います。

 

 でも、このスペシャルパッケージを買えたのは、ラッキーだったなー。

 

                                                                                    Music Clipの加藤シゲアキさん。私のお気に入りのシーン。                        


f:id:mono-hatake:20170904231432j:image

青年のなかに、少年を感じるのよねー。

ほんの一年前というのが嘘みたい。