mono-hatake’s diary

NEWSに出逢えてよかった

「グリーンマイル」まで、あと少し

 長らく、ブログを書いていなかったのですが、グリーンマイルの幕が上がる前にひとつくらいは書こうと思います。

 

 

 23日の、サタジャニ。

 初めて舞台の衣装姿が見れて、嬉しかった。



f:id:mono-hatake:20170927065412j:image

 

 

 そして、記事の中で衝撃的だったのが、死刑が執行されるシーンもある、ということ。

 

 私は、映画を見ていません。原作を読んでいるけど、まだ上巻の2/3くらいなんですよね…。(読み終わるのか?)

 

 だから、ストーリーを全部ちゃんと知らない状態なのです。

 

 

 

 何度となく書いているけれど、まだ新規で、ちゃんとNEWSの活動を追っているのは、この一年間だけなのですが、加藤シゲアキさんのお仕事は、「いのち」にかかわるものが、多くないですか…?

 

 「NEWSな2人」での、孤独死の現場の取材。つい先日は、鹿の解体。

  夏には、「いのちのうた」。

  そして、連載の「できることならスティードで」は、亡くなられたお祖父様のお話。

 

 そして、舞台では、死刑の執行シーンがある。

 

 このなかでも、私にとって衝撃的だったのが、鹿の解体。

 

 この場合は鹿だったけど、VTRの中でシゲアキさんが言っていた通り、誰かがこれをしているからお肉が食べられる訳で。

 

 「死刑が執行された」というニュースを聞くことも、時にはある。

 

 日常の中から追いやった、自分を含めて多くの人が知ってはいるのに見ようとしない、現実。

 

 その現実を知って、その中を生きるひと。

 

 シゲアキさんは、そんなひとのような、気がします。

 

 

 話を、いきなり変えますが。

 

 私は、若い頃、詩を書いていました。今思えば、ポエムみたいなものでしたが、現代詩に憧れがあって、教室に通っていたことがありました。

 

 その教室に通っていたのは、みんな年齢も仕事もバラバラでした。でも、共通していたのが、話したとき返ってくるこたえが、普段日常で会ってる人たちと全然違っていて、面白いの。 打てば響く、の響き方が、違う感じ。

 

 で、あるとき、ふと思いました。このひとたちはみんな、心の中で何かと闘っている…。

 

 こんな事を思いだしたきっかけは、「タイプライターズ」です。

 西加奈子さん、中村文則さんが、ゲストの回。

 作家さんって、何かあったときの、心の葛藤が凄いんだろうな。…あくまで想像。そして、経験値から考える。

 

 作家としても生きている、シゲアキさんだからこその演技を、生で見れることに、感謝します。

 

 

 「いのち」がテーマの仕事が多い、と書きました。よくよく思いだしたら、「あやめ」では、「だから僕は生きていく 虹を歩いてく」と歌っていました。クラウドでは、何度も「#生きる」と書いていました。

 

  強く強くメッセージを、発していたひとでした。