mono-hatake’s diary

NEWSに出逢えてよかった

「いのちのうた」全国放送 その①

 これを書き始めた時点で、全国放送からもうすでに、4日経過しています。

 思うことは、いろいろあるけれど、なかなか、取りかかれずにいました。

 

 本来のこのブログの目的……加藤シゲアキさんは素晴らしい、NEWSは素晴らしい、とただ言いたい。

 

 それを書く前に、反省(という言葉が適切かどうかわかりませんが)すべき事がある、と思いました。

 

 戦争が終わって、72年。

 戦争を体験された方は、若い方でも70代。シゲアキさんに被爆体験を話された方は、80代でした。

 

 「原爆の記憶をつなげるために、若い世代が意識を変えなければならない。」

 

 そんな流れで、番組が進んでいきました。

 

 シゲアキさんは、30代。

 

 戦争体験者と、シゲアキさんはじめ若い世代、その間にある世代の自分、何していたんだろう。

 

 私は戦後生まれだけれど、親は戦前生まれです。 

 

 でも、戦争を体験した父母からは、戦争に関する話を聞いたことが一度もありません。

 

 一方、祖母からは、ごくごく普通に、戦争の話を聞いて育ちました。

 

祖母は、特に気負わず普通に話してくれたように思います。 

 

 だから、特別なエピソードとしてではなく、感覚として覚えています。

 

 祖母からしてみたら「今は、たまたま平和だ」ってこと…。

 

 その平和な時代にあぐらをかき、何もせず、消費してきた気がする。

 

 それに気づかされた、番組でした。

 

 見ないようにしてきたことを。

 

 

  すみません。これを書かないで、シゲアキさん、NEWS、他の出演者さんの歌について、書けないと思いました。

 

 ですので、とりあえず①としました。

 

 追って、感想を、綴りたいと思います。