mono-hatake’s diary

NEWSに出逢えてよかった

24時間テレビとNEWS

 24時間テレビ40に、NEWSが出演して、応援歌を歌うことが、発表されましたねー!

 

 嬉しい…。

 

 メインパーソナリティに、小山さんが選ばれたときから、ずっと期待していたけど、いざ発表されると、これってすごいことなんだ!と、震える思いです。

 

 そもそも、小山さんが、2年連続、メインパーソナリティに選ばれているのが、すごい。今まで、嵐だけだよね?確か。

 

 それから、加藤さんが、2年連続、スペシャルドラマに出演。このニュースを最初見たとき、意味がわからなかった。意外すぎて。去年、主役で、ガッツリ出た人が、次の年も重要な役で選ばれるなんて、記憶にないぞ。

(ただ、役柄から受ける印象が、全然違うので、同じ人が出てるのに、そんな感じがしないんだよね。役者だね。)

 

 このドラマの話を、KちゃんNEWSでしていて、加藤さんが、

「武道館に行けたら、いいね。」

みたいなことを言っていました。これを聞いて、あ、武道館に行くのって、そんな簡単じゃないんだ、と思って。そんな矢先の発表だったから、喜び倍増ですよ!

 

 NEWSが出演して、応援歌を歌う、という発表。あえてね、「応援歌を歌う」と発表する意味ね。

 NEWSの歌う応援歌は、求められているんだよ。去年の「フルスイング」のように。私は、ここで、まさかのNEWSファンになったもん。心を動かされたもん。

 

 

 24時間テレビが始まったのは、私が小学生の時でした。その頃はちゃんと見ていたし、一人で武道館まで、募金に行ったこともあります。(当時は東京在住) でも、大人になるにつれて、シラけてきたり、批判的になったりして、見なくなっていました。

 

 だから、以前、6人のNEWSがメインパーソナリティをした時は、全く見ていません。(ゴメンナサイ…。)

 

でも、去年は、最初からちゃんと見る気でした。

 このブログで最初に書いたように、加藤さんのお茶の間ファンになっていたし、新井淑則先生の存在は新聞等で読んで知っていたので、ドラマが気になっていました。

 

 24時間テレビって、障害者に過酷な挑戦させて…、という批判がありますよね。それに対する答えではないけれど、手越さんがこんなことをラジオで言ってました。

 

 よさこいを一緒に踊った子どもたちに対して、「暑い中の練習は大変だったと思うけれど、将来つらいことがあったらこれを思い出して乗り越えてほしい。」と。(ニュアンスですけど)  

 

 ああ、そういうことか。ずっと先を見ているんだ。テレビでは追わないところまで、思いがあったんだ。ただ、挑戦が上手くできた、とかじゃないんだ。そりゃあ、伝わるよ。感動するよ。

 

 先週のシゲ部で「いのちのうた」について、打ち合わせから参加して、意見も出させてもらった、機会があれば、また携わらせてほしい、と語っていました。

 加藤さんが、この番組に対して、どれだけ真剣に取り組んでいるか、分かります。

 NEWSも、きっと、同じ。

 

 見ている私たちだけではなくて、またNEWSと一緒に番組を作りたいと、スタッフさんが思ってくれているのかなぁ。

 

 いろんな人が携わった方が、いろんなファンの人が見る。でも、そんな中で、また、去年とは違う形だけど、NEWSに歌ってほしい、となったのは、必要とされているんだよね。

 

 応援歌、やっぱり、U R not alone かなぁ?